近藤万春選手34 躍動 リュ・ウンヒ選手11 決定力

日本 韓国 両国キ-パ-好調 攻めあぐんでいたが

日本は左ウイング近藤万春34にボ-ルを集めてサイドからの攻撃が良かった。池原綾香選手21右サイドはマ-クされていたようだ。

韓国はイ・ミギョン選手23(今季からオムロン)のパス回しは主に中央からでリュ・ウンヒ選手11(今季からハンガリ-の強豪ジェ-ル)との二人で攻撃を成立させていて、リュ・ウンヒ11のロングシュ-トは最後まで止めれなかったし、イ・ミギョン選手23の突破してのシュ-トは効果的に決まったいた。

日本は藤井紫緒選手40石立真悠子81選手のコンビプレ-も良かった。

角南果帆選手3ピボット怪我で今回登録を外れ、永田しおり選手28ピボットも試合中怪我したみたいで、守備や攻撃の大事な要のPVの選手がいなくなるのであれば苦しくなる。

韓国に決定力において負けた。日本には点数がとれない時間帯があるのが気になる。

日本はカウンタ-速攻での速いパスがキャッチミスしてほとんど決まらなかったのが痛かった。

次戦はアンゴラ(アフリカ女王)

おまけ

オムロンはイ・ミギョン選手が入るので、点数とれない時間帯はかなり減るでしょう。岩渕いくみ選手といいコンビが組めるのでは、今まで得点源だったLBの吉田起子選手が引退したので、レギュラ-争いがはじまっています。伊地知美姫選手か渡部真綾選手が有力なのかな。竹原千賀選手はPV登録ですが、高校の時に熊本に竹原アリと言われた時は、バックの選手だったと聞いていますので、どこのポジションでも出来ると思うので、体が復調したならどのポジションでもいいので出てほしい。今年のオムロンは久しぶりにレギュラ-シ-ズンを突破して、プレ-オフにいけると思いますよ。堅守カウンタ-速攻を突き詰めてもいくだろうし、イ・ミギョン選手のPVヘのパスが通ると思うので、攻撃の幅が増えると思います。でもサイドのパスは減るのかな。サイドの選手はとにかくカウンタ-速攻 勝連選手 尾崎選手走れ走れ 守備の相手が2人いる時に、シュ-トしようとしても、相手二人にはさまれたら、プッシングファ-ルになる事が多いので、利き手が活かせる位置にポジションとって相手に挟まれない様にシュ-ト打って欲しい。(相手を横2列にして片一方の選手を抜きながらシュ-ト)逆にプッシングファ-ルもらえばラッキ-。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamakan.or.jp/mt/mt-tb.cgi/874

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、山鹿市管工事業協同組合が2021年7月30日 18:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「石立真悠子選手81 速いうまい」です。

次のブログ記事は「瓶ビ-ル4」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。