2014年1月アーカイブ

東映京都撮影所の事を書いてある本「あかんやつら」春日太一ラジオで評判になっていたので読みました。傑作です。7年間インタビューして3年は文章推敲してたそうです。親方読むべしです。

力は山を抜き 気は世を覆う様な俳優や監督をプロデューサーのマキノ光雄や岡田茂はその人のいい所を映画の中で発揮させるのですからすごいです。

当時の俳優や映画知らなくても、これは、読ませます。

 

もう一つは立川談志の弟子の立川生志が書いた 「ひとりブタ」

師匠を尊敬していたけど、彼のある仕打ちに正直殺意を感じた事を赤裸々に重くなり過ぎなくかいてありました。落語中興の祖立川談志を知る上で最高の資料になると思います。

立川笑志から立川生志に改名することを、と談志に承知してもらうところが一番の見せ場になりますが、この生という文字には凄い意味がある様に思いました。

僕の勝手な生の文字の解釈は死んでも止めないです。

IMG_0053IMG_0055

スタート

IMG_0058IMG_0061

親戚の子供達 赤ちゃんの時から知っているので、どんどん変化してきて面白いです。

IMG_0069IMG_0070IMG_0045

運動すると身につくゴールデンエイジでしょ。たぶん

IMG_0027IMG_0042

元気な子が折り紙をおるのを教えるのが上手になったり

人見知りで親から離れなかった子がひょうきんになったり

十人十色で変化していきますね。

このアーカイブについて

このページには、2014年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。