福岡の珈琲店めぐり

福岡コ-ヒ-BOOKを頼りに、今まで行ってない店で、ネルドリップでコ-ヒ-いれるとこを中心に行きました。

マスカル珈琲 の モ-ニングセット

DSC_0053DSC_0054

三和珈琲館

DSC_0056DSC_0057

徹底的に欠品豆を取り除かれているそうです。コ-ヒ-の保存方法として冷凍して、コ-ヒ-を飲む30分前に冷凍庫から出して常温に戻すそうです。

コ-ヒ-の奥の深さを感じる店。

Mi Cafeto 六本松店

DSC_0058DSC_0059ここは2回目

ここは、ペ-パ-ドリップでいれます。ここのコ-ヒ-はフル-ツ感たっぷりでフレッシュ。

コ-ヒ-好きな人は、三和珈琲館とMi Cafeto 六本松店は、近くにある店なので、福岡市科学館などに行ったら両店とも美味しいので行って、コ-ヒ-屋の違いを感じてほしいです。

珈琲花坂

DSC_0060DSC_0061

この店探すのに一苦労。バ- ペトロ-ル ブル-というとこを昼間場所借りているそうです。

ここのガト-ショコラうまいよ。

ここで、福岡のラ-メンの美味しいとこを教えてもらおうと思ったら、ラ-メンあまり好きじゃないとのことで、替わりに中華の珍萬21のニラレバ炒めを薦めてもらう。

珍萬21

DSC_0062

ニラレバ炒め。中華 奥深いですね。熊本 久留米 福岡など美味しいとこ探そう。いいとこあったら教えて下さい。

手音

DSC_0063

マスカル珈琲と手音はコ-ヒ-のマスタ-はコ-ヒ-の神様と言われた森光宗男さんの美美で、働いていた人。だったので2軒とも行きたかったので行けて、とりあえず満足。佐賀にも美美で働いたマスタ-の店江崎珈琲店があるのでいつか行くか。

店の雰囲気落ち着いている。

おまけ

コ-ヒ-屋さんで、コ-ヒ-の味に自信があるとこは、その店のコ-ヒ-の特長や、コ-ヒ-のいろいろ教えてくれることが多いので、聞いた方がいいですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamakan.or.jp/mt/mt-tb.cgi/769

コメントする

このブログ記事について

このページは、山鹿市管工事業協同組合が2019年5月28日 17:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「珈琲あずまのオムライスとナポリタン」です。

次のブログ記事は「光華楼のラ-メン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。