映画「劇場」すごいよ。

又吉原作で行定監督の映画「劇場」ヒロイン松岡茉優の魂の演技に主人公の山崎賢人もど根性で役になりきっていた。舞台におけるドラマなので舞台監督でも有名な行定監督じゃなきゃ撮れない映画で、行定監督の最高傑作になったと思います。

才能と優しさのあり方をこれ以上ない表現で表していました。

僕は、この映画に出ていないですが、こわいぐらいかわいげのある演技ができる西田敏行が最高の役者と思っていて、この映画を見るまでは、西田敏行の相手役として同じタイプの博多華丸かリアル無責任男的木梨憲武もしくは徳川三代で西田敏行と親子役で共演したぜんぜんかわいげのない役だった尾上松録のアドリブ合戦を見たいと思っていましたが、今一番見たいのは西田敏行と松岡茉優のかわいげのある演技の伝承がみたいです。

おまけ

小山製茶の冷たいお茶用パックは今年もうまいよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamakan.or.jp/mt/mt-tb.cgi/817

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、山鹿市管工事業協同組合が2020年7月23日 10:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「犬子ひょうたんのひょうたんはなんだろうね?」です。

次のブログ記事は「7/29(水)午後10時からNHKクロ-ズアップ現代に山鹿市出身の女優 芋生悠さんでるよ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。